自己アピールの仕方

飲食の求人の面接で重要になる自己アピールの仕方

飲食の求人に応募する時には、他の職種とは少し違った注意の仕方が必要になるものです。面接の際に身だしなみに気を付ける、と言うのはどの職種にも言えることではありますが、飲食の求人の場合、衛生面は特に重要ですから、問題が感じられるような人は印象が良くありません。ですから、服装はもちろん、髪をダラリと垂らしたりせず、きちんと結いたりして清潔さをアピールすることが大切です。また、マニキュアや香水など、飲食店に相応しくない行為も気を付けておきたいところです。

話し始める前からマイナスの印象を与えてしまったら損ですから、きちんとした格好で面接に臨みたいところです。なお、飲食の求人の面接では、身だしなみだけでなく、どれだけ仕事に順応して行けるかアピールをすることも大切です。例えば、まったく飲食店で働いたことがない人が突然飲食の求人に応募をすると、なぜなのか理由をとても気にされるものです。その時に良くないのが、最近料理に凝っているので、料理が好きなので、と言った答え方をしてしまうことです。

何かがきっかけで本気で料理に目覚めて、真剣に取り組んでいるのかもしれませんが、これだけだと非常に安易な考えで応募をしてきたと思われてしまう恐れがあります。仕事に対しての具体的な意識、意欲が感じられないと、人材として魅力を感じてもらうことはできないものです。飲食店で働いたことがない場合は、経験が不足しているだけでなく、調理に関する資格がない場合もあるでしょう。ですから、他の部分で自己アピールを行ってカバーしていくことが重要になってきます。

例えば、毎日料理を作っていて、メニューも変えて、色々な物を作れるようにしている、と言ったアピールの仕方をすれば、単に料理に凝っている、料理が好きだと言うのとは印象が大きく変わるものです。ちなみに、もし飲食業の経験がある場合には、どういったポジションで働いていたのか、どのような業務に従事していたのか、具体的な形で実績をアピールしていけると効果的でしょう。

どの仕事にも言えることですが、単に好きだから、と言った志望動機は敬遠されがちです。その仕事に就くにあたり、日々どういったことを心がけて生活しているのかを伝えていくことが大切です。なお、飲食店の場合には、忙しい時期、時間帯はとても大変ですから、そういった場面に慣れていたり、乗りきって行ける手際の良さなどもアピールして行けると、なお良いでしょう。