自社で育成すること

店長候補を飲食の求人で求めることと自社で育成すること

企業が人材を募集するとき、様々な状況による影響で求める人材の条件は違ってきます。そのため、企業のその時々の状態によって求めてくる人材の条件を求人において告知を行っていきます。それは飲食店を経営する会社にも該当し、そのときの条件を勘案して求めるスタッフの条件を決定していきます。そして、状況に応じて条件が変化するときには次のパターンを取り上げていくことが可能です。

飲食店を業務としている会社では、新しい人材を募集するときには次のような形に別れていきます。企業の経営に携わる幹部候補生を採用するというとき、そして現場である飲食の店舗で労働に従事する人間です。またそれらの内、さらに細かく分類することができそれが正社員と非正社員という区分です。正社員の求人では、新卒のときと別の業種から転職した人を採用するという場合に分けることが可能です。

これらの方法においては、企業運営に必要なノウハウを長い時間を使って教えることができます。また、転職者においては飲食店経験者と未経験者に分類することが可能となります。特に経験者においては、だいたいの業務内容を把握しているので戦力になってもらえるという期待ができます。また、経験者の内店長候補をしたことがある人が募集したときには店舗において戦力となるという面があります。

一方で非正社員という場合では、主に飲食店において労働に従事してもらうためのアルバイトなどを雇います。このとき、雇用する対象として経験者と未経験者に分けていくことが可能になります。さらに、未経験者においても初めて仕事をする人と別の職種立った人に振り分けることが可能です。なお、飲食の店においても経験者は業務について知っているため即戦力という側面が出てきます。

また、最初は非正社員で採用しておいて条件を満たしたら正社員として活躍してもらうという区分もあります。例えば、初期はアルバイトとして雇って条件に合致したら店長候補になってもらい同時に正社員にします。このように、上記の方法は飲食店がすぐにでも戦力を揃えたいときや時間をかけて育成するときに使われます。とりわけ、開業を行ったばかりのときは即戦力となるように経験者を採用するというやり方があります。

飲食を事業とする企業が求人をするときには、その時の状態などによって採用する条件が異なってきます。また、採用する条件においてはそのとき提示する内容によって対象となる人物が変わってきます。