居酒屋は自由な条件

飲食店の求人の中で何故居酒屋は自由な条件の店舗が多いのか

飲食店でのアルバイトを考えた時、多くの方が最初に思い浮かぶのが居酒屋やファミレスだと思います。求人サイトを見ても、その二つが特に多く求人を出していますよね。しかし、ファミレスの場合は一つの系列が多くの求人を出していたりするのであまり選べなかったりしますが、居酒屋はチェーン店でもファミレスほど多くの店舗を持っていないことが多いのと、個人経営や小さめなチェーン店も多く存在するので自分に合ったお店を選ぶことができます。

また、ファミレスに比べ自由度の高い店舗も多いので、比較的応募しやすいのではないでしょうか。これはファミレスに限らず、他の飲食店と比べても同様です。では、なぜ居酒屋はファミレスなどの他の飲食店に比べ自由度の高い店舗が多いのでしょうか。まず第一に、ファミレスとは客層などが大幅に違うからと言えるでしょう。ファミレスは基本、食事をするために来るお客様が多いのでその分丁寧な接客が重要になります。客層も、落ち着いたお客様が多く、あまり騒いだりするお客様は見かけませんよね。一方居酒屋では、ファミレスとは真逆でかなりにぎやかです。

お客様もお酒を飲みながら色々な話をしたり日々の鬱憤を晴らすために来店される方が多いです。そのため、ファミレスとは違ってどちらかというとノリの良い接客が重要になってきます。想像できる方も多いかと思いますが、お客様の中には店員とのお喋りを楽しみに来ている方も多いです。お酒の勢いに任せて知らない店員と仲良くなることも多いでしょう。

そんな時、最も求められるのはファミレスのような丁寧さよりもお客様を楽しませるためのスキルです。そのため、店舗側も丁寧さよりは店員個人のスキルや個性を大事にしているところが多いんですよね。もし他の飲食店のような丁寧さを優先してしまった場合、従業員個人の個性を潰してしまいかねません。そうなってしまうと、せっかく店員とのお喋りを楽しみに来店してくださっているお客様にも不快な思いをさせてしまいます。

また、中には店員とのお喋りを楽しみにしていないお客様でも、注文時や些細な接客の中での店員のノリの良さが気に入ってお店をリピートしてくれる方もいらっしゃいます。
従業員の個性を優先することによってそういったお客様にも出会うことができるので、結果的に店舗の売り上げにも繋がります。そういった理由で居酒屋には他の飲食店に比べ、自由度の高い店舗が多いのではないでしょうか。飲食店でのアルバイトを考えている際には、そういった部分を選ぶ基準にしてもいいかもしれませんね。