履歴書に書く内容

飲食店の求人の応募した際、特に履歴書に書いた方がいい内容とは

求人に応募した際、職種によって特に履歴書に書いた方がいいポイントが存在します。例えば、データ入力の仕事ならパソコンはいかに得意かなど、その職種で使えると思われるスキルは書いておくと面接の際の話題にもなり、採用の確立もぐんと上がります。

これは、採用する側もできるだけスキルの高い新人を採用してより早い段階で一人前になってほしいからです。そのためにも、業務で使うスキルを元々持っていることはかなり面接を有利にしてくれます。では、飲食店ではそういったことを履歴書に書くと面接の際に有利にすることができるのでしょうか。

まず飲食店では多くの場合、ホールの担当とキッチンの担当に別れています。簡単に業務内容を説明すると、ホールではお客様の注文を聞いたり、料理を運ぶ、テーブルのセッティングや片付け、お会計など、接客がメインになります。そしてキッチンでは、ホールが取ってきたお客様の注文に従って、レシピに沿って料理を作り、飾りつけをしてホールの人に運んでもらいます。また、注文が入っていない時間帯にはより早く料理が提供できるように事前に野菜をカットしておいたり、足りない食材の補充、食材の仕込みも欠かせません。ポジション毎の業務内容を見てみると、履歴書に書いた方がいいアピールポイントが分かってくるのではないでしょうか。

まずホールですが、ホールの業務内容はさっき伝えた通り、接客がメインになります。では接客業で一番大切なのはどんなことでしょうか。それはやはりいかに人と接することが好きかの2点になります。接客がメインになるにも関わらず人と接することが苦手な人はあまり採用したいとは思いませんよね。ホールのポジションに応募した際は、自分がどれだけ人と接することが好きかアピールするのが一番だと思われます。もちろん、苦手だからダメというわけではなく、苦手ならばそれを飲食の仕事を通していかに克服したいかを伝えれば問題はありません。

次にキッチンですが、これは女性が特に得意なのではないでしょうか。キッチンの業務内容は主に料理を作ることやその下準備なので、当然料理経験があるか、料理がいかに好きかが大きなアピールポイントとなります。しかし、世の中には料理をあまりしない人も増えていますよね。では料理をあまりしない方はそうしたらいいのか、これもホールと同じで、料理が得意ではない場合は飲食の仕事を通してどのように料理スキルを磨きたいかアピールすれば、採用する側もやる気を汲み取ってくれるでしょう。

このように、仕事内容によって様々なアピールポイントがあります。特に飲食店の場合は忙しい店舗が多いので、いかに即戦力として成り立つかが重要になるでしょう。皆さんも求人情報に応募した際は、面接前に改めて求人情報の内容を確認して履歴書を書く方がより採用してもらいやすくなるでしょう。