飲食業

アニメ製作会社が飲食業であるカフェを経営すると同時に求人も行う

アニメ製作会社がアニメ作品を作る事業以外にも、カフェという飲食店を開業させて経営をするという方法があります。これによって、アニメ製作会社は別の収入源を導入したことになり経営の柱を増やす結果となります。このとき、アニメ製作会社は人を雇うときに二つの事業に携わる人材をそれぞれ確保することが求められます。

アニメ製作会社が飲食事業であるカフェをオープンさせたら、そこで働く人を募集するための求人をする必要があります。求人するときの条件には、飲食の仕事の経験者を採用するというパターンを考えることができます。これは、初めて異なる業種に参入することになるため経験者を確保するという意味合いがあります。

なお、求人をするときにおいてはインターネットを使って募集を行うことが可能です。このとき、本業であるアニメ製作に従事する人材と一緒に募集をするということもできます。募集の項目を同じページにまとめることで、異なる仕事情報を発信するということができるようになります。
また、飲食の仕事の募集をアニメグッズを販売する店舗を運営する企業に依頼して貼り出しをしてもらう手法があります。その他にも、ハローワークに求人を出したりするというやり方も考えることができます。

以上のような手法を取り入れていき、新しい事業を成立させるための労働力を獲得していきます。当然ながら、本業であるアニメ製作をしてくれる人も採用していき新たなスタッフを育成させていきます。ところで、求人のページの空きスペースに飲食店のスタッフの格好をしたオリジナルのキャラクターを描くという考えがあります。なお飲食店を開いている会社の店舗を呼び込むとき、求人はその会社に任せるという案が存在しています。

アニメを製作することを事業としている企業で、新しく飲食事業に参加して人材を探すという手順を踏んでいきます。なお、新しく入ることになるこの事業では次のようなアイデアを提示することが可能です。

アニメ製作に携わるスタッフが、休憩時に食事ができるという福利厚生として利用するという側面があります。また、飲食における事業を題材にして新しいアニメ作品を作るという手段も存在しています。この手法は、ノウハウが貯まっているときに作品制作に活用していくことができます。このようにカフェを開業させたときに、新しい売上の手段の創造とアニメ作品作りのきっかけとすることが可能になってきます。