待遇面などの対策

飲食業界での求人において待遇面などの対策

数多くある職種の中で飲食業界という職種はこの先も変わらず需要があり、雇用の拡大が見込めると言えます。飲食業界で働く魅力は人それぞれで多くあります。料理の腕が上がる、職人として極める、スキルアップと飲食ならではの料理に関する仕事に直結する為、その道のプロに慣れる他、多くの飲食店ではシフト制を導入している事から融通が利きやすい職場、まかないが食べれる等といった待遇面でも魅力に感じて働いている人もいます。

しかし、多くの魅力があるにも関わらず、慢性的な人手不足が叫ばれている業種でもあり、世間ではまだまだ飲食業界を「汚れる」、「ハードな労働環境」等と下に見ている人も多く、企業もあの手この手で求人募集に奔走している事が現状でもあります。いかに応募者にとって魅力的に映る為にどのような策を講じているのか、飲食業界でも応募者が殺到するような人気のある所はそれなりの魅力を発信しています。

ある企業ではスタッフの半数以上がアルバイトやパート社員などの非正規社員での求人を占めており、せっかく募集して雇い入れてもすぐに辞めてしまうといった点で教育の手間や人件費の手間などに頭を悩ませていましたが、スタッフをいかにやる気に長く働いてくれるかを考え、地域限定社員という契約社員や転勤のない正社員として採用する事で雇用の安定化を図りました。

働く者にとっては安定した雇用形態で賞与もあり、転勤もないといった待遇面でも好条件である為、モチベーションの維持にも繋がっています。その他の企業では、自分のお店の商品を知ってもらおうと毎週自社の商品を無償で支給する制度や雇用形態に関係なく、日々の働き方によってランク制度を設ける事で仕事への関心を高めてもらおうと努力しています。シフトという働き方な為、特に平日昼間は主婦層の働き手が多い中、子育て支援制度を打ち出した企業もあり、子育て中のママにでも即戦力となって働いてくれる事を歓迎している企業は就職活動中のママにとっても魅力的に映る事でしょう。

このように飲食業界では応募者にとって、働きやすい、自分にプラスになる等より魅力的な求人に映るように働く人の立場になって待遇面を改善している所が多く応募者も集まり、結果として飲食業界でも求人に差が出ています。ただ働き手として安易に募集するだけではなく、企業を動かす大切なキーマンとしてスタッフを大切にする風潮がある企業はこの先も人材面で安定していくでしょう。